FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方花映塚ネット対戦【サーバー側】
双方設定の続きで、こっちはサーバー側の説明。
クライアント側設定の方はこちら


詳細は以下から



**サーバー側**

まずはダウンロードしたUPnPCJを起動します。
するとデスクトップにアイコンが現れたと思いますが、まずはそれは置いておきます。
最初にUPnPCJが使える状態にするために、UPnPCJ.exeの15500ポート(UDP)をファイアウォールで許可してください。めどい場合はファイアウォールを無効にしてください。
ここからは勝手にやったら出来た方法紹介。コントロールパネルからWindowsファイアウォールを開き、例外の編集から名前にUPnPCJと付け、ポート番号に15500、そしてUDPを選べば出来ますた。多分Windowsファイアウォールはこれでぉk。

なお詳しくはここを見てください。


それが出来たら次はポート開放です。
最初説明し、デスクトップに出てきたアイコンの(手動開放)と付いてる方をダブルクリック。
まずは⑨(チルノ的な意味で)を押し、ルータが対応しているか見てください。多分ぉkなはずです。
次に⑦のチェックをはずし①に17723と打ち込む。
そして②にUDPと入力し、⑩を押せばポート開放出来たはずです。


あとはプレイをするだけです。
クライアント側と同様、Adonisをコマンドプロンプト(スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト)から起動(起動したコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップ)して、エンターを押してください。
するとsだのcだのwだの聞かれるので、sと打ちエンター。
次に17723(デフォルト)と打ちエンター。
あとはクライアント凸してくる(*注意1)と、いろいろ設定などが出てきますが、これは状況によっても違うので、設定したい場合各自で。分からない人は基本的にはエンター連打で構いません。

あとは花映塚が起動し対戦が始まります。


*注意1:クライアントが凸するためにはクライアント側がサーバー側のIPアドレスを知っている必要があります。双方設定で説明した数字を相手に教えてあげてください。




これで対戦が出来るはずです。

←双方設定

クライアント側→
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Sky High all rights reserved.
Powered by FC2ブログ管理人:蒼.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。